Vuforia

公式サイト

Vuforia公式サイト
Vuforia Developer Portal

Unity 2017.2以降はVuforiaのSDKが統合されている。作り方が若干異なるのでUnity 2017.2以前の情報は参考にしない方が良い。

Object Targetの作成

Vuforia Object Scanner(公式サイト)
UnityとVuforia Object Scannerを使って立体マーカーにオブジェクトを表示するARコンテンツを作る (1/4)

Virtual Buttonの作成

How To Implement Virtual Buttons(公式サイト)
How to create Virtual buttons with Vuforia AR & Unity3D
How to Augmented Reality Tutorial: Virtual Buttons

iOSのサンプルアプリの覚書

iOSのSDKをインストールしたら、そのフォルダーの下のsamplesのフォルダーにiOSのサンプルのプロジェクトを置く(そうしないとエラーが出る)。
・VuforiaのライセンスキーをDeveloper PortalのLicense Managerで作成して、ライセンスキーをコピーして、SampleApplicationSession.mmの中のinitVuforiaInBackgroundの関数のyour_license_keyのところにコピーする。
参考にすべき公式情報

関連サイト

Unityでお手軽AR開発!vuforiaを使ってみる
Unity+Vuforiaで3プラットフォームに対応したARコンテンツを作る基本
UnityとVuforia Object Scannerを使って立体マーカーにオブジェクトを表示するARコンテンツを作る