xR

VR、AR、MR関連の覚書です。(UnityではこれらをまとめてxRと言っています)

ARKit
Vuforia
ARToolKit
Oculus Go
Oculus Quest
Oculus Rift S
VIVE Focus
VIVE Cosmos
Lenovo Mirage Solo with Daydream
HoloLens
ARグラス
ARコンテンツのアイデア
全天球映像

所有機器

2019年9月現在所有しているXR機器は以下です。

Oculus Go
Oculus Quest
Oculus Rift S
VIVE Focus
VIVE Cosmos
Lenovo Mirage Solo with Daydream
HoloLens
スマホ対応ゴーグル:VOX PLUS FE 3DVR

VR の簡単な歴史

・ジャロン・ラニアーが率いる VPL Research 社が RB2 というヘッドマウントディスプレイ (HDM)とデータグローブ を装備した商用バーチャルシステムを発表した 1989 年が最初の VR 元年といわれる。バーチャルリアリティという言 葉も VPL 社が使ったのが最初だとされる。
・最初の VR ブームを代表する CAVE システムは、複数のスクリーンで囲んだ空間に複数のプロジェクターを使って CG 映像を立体表示させる方式の大規模な没入型のバーチャルリアリティシステム。
・2016 年は比較的安価な普及型の VR が相次いで発売され、様々なコンテンツや商用利用がスタートし、本格的な VR 元年とされる。
・2018 年頃からスタンドアローンの VR ゴーグルが発売されるようになった。
・利用者に力、振動、動きなどを与えることで皮膚感覚のフィードバックを得るハプティクス(英 : haptics)というテクノロジーの研究も進んでいる。味覚の VR 研究もある。
・バーチャルリアリティをテーマとしたバーチャルリアリティ学会がある。https://vrsj.org/

VRの歴史
VRの歴史 2
VR商用化30年、その誕生を現場で目撃した『VR言論』の著者が語る現在地

バーチャルの意味

バーチャルリアリティ学会によるバーチャルリアリティの解説

・バーチャルは仮想とか虚構、疑似などと訳されることが多いが、本来のバーチャルの意味は「見かけや形は原物その ものではないが、本質的あるいは効果として原物であること」を意味し、これがバーチャルリアリティの定義を与える。
・バーチャルの反意語はリアル(現実)ではなくノミナル(nominal)「名目上の」という言葉である。 ・バーチャルマネーやバーチャルカンパニー、バーチャルエネミーなどは全て実質的に機能、存在するものである。

Oculus Rift で 初音ミク と握手をしてみた – Miku Miku Akushu
MikuMikuSoine(ミクさんと添い寝できるアプリ改)を作ってみた
DUST – Exploring VR as a medium for contemporary dance
OccultUs by Simon de Diesbach – Designing for alternate reality

ARとは

・AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコン ピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。強化現実、増強現実ともいう。
・AR は VR の発展形で、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加・削除・強調・減衰させ、人間から見た現実世界 を拡張するもの。VR が人工的に構築された現実感と現実を差し替えるのに対し、拡張現実は現実の一部を改変する。
・1975 年に Myron Krueger によって、ユーザーが仮想物体とやりとりできる「ビデオプレイス」というシステムが初めて開発された。Myron Krueger には Artificial Reality(人工現実)という著書がある。
・2009 年にスマートフォンの GPS の位置情報を利用した「セカイカメラ」がリリースされた。
・2013 年に Google の拡張現実ツール「Google Glass」のベータ版のテストが始まる。2015 年 1 月に一般販売を中止。
・2016 年に米国 Niantic 社により世界各地で Pokémon GO(ポケモン ゴー)が発表された。

コンピュータビジョンの世界(第5回)拡張現実感「AR」(1)
ARについて
8_Live AR National Geographic Campaign_mp4_480

Myron Kreuger – Video Place – 1989
マイロン・クルーガーについて

MRとは

・MR とは、(Mixed Reality: ミックスドリアリティ)のことで、日本語では「複合現実」と呼ばれる。
・従来は AR と同じ意味に使われることが多かったが、最近は区別されるようになった。
・MR は CG などで人工的に作られた仮想世界と現実世界の情報を組み合わせて、仮想世界と現実世界を融合させる技術で、仮想世界を現実世界に重ねあわせて体験できるのが最大の特徴。
・MR は AR とは逆の発想で、主眼はデジタル空間に置かれ、カメラなどを通して受け取った現実世界の情報をデジタル空間上に反映していく。

Magic Leap | Demos: Waking Up with Mixed Reality

STYLY

STYLY
ヤバTこやまたくやがSTYLYでVR作り「これ絶対流行るでしょう」
Qloneを使ったスキャン方法

VR開発

Unity標準のVR機能(UnityEngine.XR)メモ
フレームシンセシス VR開発メモ

関連リンク

Oculus GoとMirage Soloのどちらを買うべきか?
Oculus デベロッパー助け合い所
Oculus開発関連日本語リンク集
開発チュートリアル
Daydream公式ページ

スマホから画面共有(ミラーリング)で解決。スマホVRでお客様の画面を見るには。

Oculus、教育へのVR活用 日本でも試験プログラム開始